Appleが2年以上アップデートしていないアプリを削除するって

2年ってマァマァ早く過ぎちゃうし、不具合なくてもアップデートが必要?!

Appleさん…

Appleが「2年以上アップデートのないアプリ」をストアから削除しようとする動き。更新がなければ機能していても消す

https://automaton-media.com/articles/newsjp/20220425-200346/

2年以上アップデートしていないアプリはストアから削除される、たとえそのアプリが不具合なく機能していても。』

以前から予告はありましたが、いよいよ実際に削除警告のメールが届いたり、すでにストアから削除されたりということが起こっているようです。

私自身は出したアプリの数が少ないので影響はたいしたことないのですが、それでも「えー、それはないわーーー」と思います。

iOSの仕様変更に伴うアップデートやストアのルール変更を遵守するためのアップデートは仕方がないと思いますが、無意味なアップデートが必要? 不具合なく動いてるのに?!それはちょっとナァー

Apple Developer Programの年間登録料も毎年払ってるというのに!ねぇ!

Google Play ストアも同じく

そしてGoogle Play ストアの方も、”既存アプリに関しては、最新バージョンのAndroid APIに対応するアップデートを、最新バージョンAPIのリリースから2年以内公開しないと新しいAPIのデバイスには表示されなくなる“と発表しています。(このルールは2022年11月1日〜)google 公式 Android Developers Blog

つまりこっちもアプリ本体には不具合がなくても、ターゲットAPIを最新にするためのアップデートを(APIリリースから)2年以内にしなければストアから消えちゃう、ということですね。(最新のAPIってほぼ毎年でるよね…?)

消費者の安全のためにも最新のAPIへの対応が必要と言われれば仕方ないのかと思いますが、たった2年アップデートしていないアプリが消費者にそれほど不都合を与えるかなぁ..。

特に個人開発者にとっては時間的または技術的にアップデートが難しい場合もあるだろうし、過去の名作アプリがストアから消えてしまうかもしれないのはとても惜しいし残念です。

今後どうしようか悩む

また違う不安

ここ何年かはiOS向けの脱出ゲームが審査に通らないことがあったり、何かとルールが厳しくなってきて、web向けのFlashゲームを作っていた時のように気楽にゲームをリリースすることが難しくなってきたなぁと強く感じています。

また、google play ストアに関しては、技術的な事情で、私のこれまで作った既存アプリのアップデートはすでに不可能になっています。(adobe animateのRSA-1024証明書問題)

なのでこれまでの既存アプリを今回のルール以後も存続させるにはそもそも新しいアプリとして出し直すしかないわけで。既存アプリはできる限り長くそーっと置いときたかったんだけどねぇ。それも許してくれんと。(涙

既存アプリをどうするか、新しいアプリをどうするか、今年は色々考えねば。フー。


気楽に作って公開していたFlashゲームの時代が懐かしい…